高過ぎるドコモのスマホをワイモバイルに変えました

ワイモバイルに変えました

嫁のスマホをドコモからワイモバイルに乗り換えることで料金を大幅に安くすることに成功しました。

 

>>Y!mobileの公式サイトへ

 

月々8,084円(税込)から4,298円(税込)の大幅ダウンと安くすることに成功したのですが、
ちょっと悔しいことに新たなキャンペーンが始まり更に安くなっているではありませんか。

 

その後も格安SIMを扱う会社が増えたことも有り、値段が下がり続けています。

 

例えば、ドコモやauからの乗換でNexus 5Xを購入した場合、
1年目:

ワイモバイルに乗換た場合
  • Nexus 5X 16G
  • 2G+無料通話
  • 端末等代金分割/故障安心パックプラス

3,423円(税込)

 

人気機種に故障の保証も付けてこの値段です。

 

>>Y!mobileの公式サイトへ

 

ワイモバイルはソフトバンクグループなので乗換で安くなるのは、ドコモとauとなります。

 

あっという間に値段が変わってしまいましたが、嫁が乗り換えた時の詳細となりますので参考にしてください。

 

ドコモの内訳
  • 基本使用料(FOMAタイプSSバリュー)
  • いちねん割引料(継続利用期間10年超)/ファミリー割引基本料
  • パケ・ホーダイ ダブル定額料/spモード
  • ケータイ補償お届けサービス/イマドコサーチ

月々8,084円(税込)

 

ワイモバイル(Y!mobile)の内訳
  • 京セラDIGNO T 302KC
  • 1G+無料通話
  • 端末等代金分割/故障安心パック-S

4,298円(税込)

 

キャンペーン等で安い機種を選べば月額料金は更に下げられます。

 

ワイモバイルの特徴としては、

  • データ通信容量が1GBで2,980円から
  • 10分×300回までの無料通話付き
  • 手頃で安心な機種が豊富
  • サービス拠点が全国にある
  • 専用のメールアドレス

安くてもソフトバンクヤフーの安心感がありますし、要らないものは省いてお得になった印象です。

 

ワイモバイル購入までの道のり

 

嫁はドコモのスマホを使っていたのですが、外ではもったいないからとネットはしないで、家でWi-Fiに繋いで使う超ライトユーザーです。FOMAの2段階定額の最低料金だったのですが、2014年の夏頃から8,000円位になってしまったのです。

 

本人としては料金が上がったことがショックで、使い方やアプリなどで無駄に通信しているものは無いかと調べても問題は見つかりません。アプリ毎の通信料を調査して解ったのは、システムが通信しているだけでパケット定額のフルまで行くように変わってしまっていたのです!

 

購入してかなりの年月も立っていましたし、本体の調子も悪くなっていたので、そのまま買い換えようとドコモショップにも何度か足を運んだのですが、購入に踏み切れない様子です。

 

料金的には最新機種に変えても安くなる位なのですが、月に8,000円近くも払いたくないし、高機能の機種も必要ないから安くしたいとのリクエストです。

 

今話題の格安SIMも考えたのですが、端末が古くこれ以上の使用は難しいとの判断から、本体とのセットとしました。端末がセットでも破格な会社もいくつかあったのですが、全てネットだけで実店舗がありません。実際にスマホを触ることもできないし、もし、初期不良などがあった時も困ります。

 

通話もあまりしないと入っても、実際に明細を見ると標準の無料通話分位は話していますので、Y!mobileの10分が300回まで無料は丁度よいです。例えば格安SIMやイオンスマホの様に全て有料で20円/30秒だと掛けにくいですからね。

 

話題のイオンスマホも店頭で説明も聞いたのですが、Biglobeなどの格安スマホを販売しているだけなのですね。サポートなどイオンでは行わないとのことなので、ネットで買うのとの違いは初期設定をしてくれる位かもしれません。本体の分割払いもイオンカードを作ることが必要といゆのも少し気になります。

 

セットで買える機種も最新ハイスペックの必要はないけれど、安心して使える日本製が選べるなどワイモバイルは全体のバランスがとても良い印象です。

 

>>Y!mobileの公式サイトへ

 

キャンペーン等で本体価格は少し変わるようですが、嫁が選んだのは京セラのDIGNO Tです。大き過ぎず防水も付いているので、料理をしながらレシピも見れると気に入っているようです。

 

近くにお店もあるのですが、週末は受付が混んでいることもあるようなので、今回はネットから購入しました。土曜日の昼頃に注文したのですが、なんと翌日には届くスピード対応です。

 

翌日には到着したワイモバイル

 

中身は本体と説明書など

 

ワイモバイルの設定は図解マニュアルで

 

実際の初期設定や電話帳の移行や本体の切り替えまでの手順は、図解入りの説明書を見て順番で行うだけなので1時間程度で済みました。

 

今まではアンドロイドのバージョンが古かったので、数日間は操作に戸惑っていたようですが、動作も軽くなり快適とのことです。外でもスマホを活用しようと色々とやっているみたいです。

 

選んだ機種は、決してハイスペックでも無いし、大画面でも無いのですが、今までのGALAXY S IIとくらべて文字が綺麗で読みやすいですし、動作も早いです。

 

唯一の不満は、Y!mobileメールの標準ソフトで、LINEのようなインターフェースになっているのですが、チャット形式ならラインを使えばいいので、メールソフトは、ヤフーメールのソフトに入れ替えました。設定なども不要で一般的なメールソフトとしてそのまま使えますので、好みで選ぶと良いと思います。

 

>>Y!mobileの公式サイトへ

 

 

もし、ダンナ名義で契約している場合でも、ネットで購入すれば自宅で手続きできるので、週末にご主人をお店まで連れて行く必要がないのも嬉しいようです。手続きとかは好きな時間にできるのでネットショップが楽ですが、何かあった時に近くにショップが有るのは安心ですね。