子供のスマホ我が家の流儀

友達がスマホを持っているからと安易に与えてしまってよいものか不安が募ります。
一部では子供にせがまれるままにスマホを与えてしまう親もいるようですが、自分の子供には安心して正しく使わせたいと思います。
既にスマホデビューさせた親御さんにどのような点を気を付けているのかなど、子供にスマホを持たせる時の注意点を教えて頂きました。

 

スマホを与える前に子供としっかりとルール決めました

娘が中学生になってしばらくした頃、仲の良い友達がみんなスマホを持っているので自分も欲しい!…と言いだしました。

 

メディアを通じて、子供にスマホを持たせることのデメリットを常々怖いと思っていたので、娘に与えることは大反対でした。
でも、娘の決意は固く、自分からスマホを持つために約束する事を紙に書いて持ってきました。

 

  • 夜8時以降はスマホを触らない
  • 成績が極端に下がったらスマホは解約する
  • スマホばかりいじらない

 

以上の3点でした。
娘の学校では、スマホとの付き合い方を時々全校集会などで講師の方を招いて学ぶそうで、それを参考にして考えたようでした。

 

私からは

  • 充電はリビングですること
  • 部屋にスマホを持ち込まないこと
  • 親から「貸している」状態だから、スマホの中身は親も見ることがある
  • と言う話をして、娘も納得したのでスマホを与えることにしました。

 

始めのうちこそ喜んでスマホをいじっていた娘ですが、約束を守って、結構上手に使っています。
友達から部活の連絡や、明日の持ち物などのことで夜9時以降にLINEがくる事がありますが、そんな時は親の了解を取って返信するようにしています。

 

スマホは便利だし楽しいので、大人でさえ手放せなくなってしまう物ですが、家庭でのルールをしっかりと決めて持たせる事で、我が家は上手くいっています。
あとは、親がスマホばかりいじらないことも大切だと思います。子供に示しがつきませんから。

 

 

「SNS交流は自分で料金を払えるようになるまでは禁止」を言い渡しました

自分自身がスマホを使いこなせていなかったので、子供に持たせる必要性はまったくといっていいほど理解していません。

 

でも時代の流れに抗えないこととイマドキの社会性を養うには不可欠であるとの周囲の意見に耳を貸すことにしたのです。
ただし、私が持たせようとしてから実際に買い与えるまでには半年ほどの期間があきました。

 

この間にはどの程度の支払いが発生するのか、この機会に私も携帯会社を変更しようかなどの検討を行いました。
また県で開催した「子供とスマホ」に関する講演会にも2回出席をしたのです。

 

そして、この半年で感じたことは、スマホを持つリスクを親子共々認識しなければならないということです。
講演会でのお話の中には、SNSによって身元を明らかにされて、その後は社会復帰できていない、就職が取り消された、結婚話が流れたなどの信じられないようなエピソードが紹介されたのです。
使い方を間違えると人生をもダメにしてしまう。

 

その怖さを認識できないうちに使い始めると大変なことになる。
子供にも言い聞かせたところ、いつになく素直に耳を傾けていました。

 

持たせないための話し合いではなく、安全に使うためにはという姿勢での話し合いだったことで子供も真剣になってくれたのだと思います。
その後、私と子供は同じタイプのスマホを新しく手に入れました。

 

二人でそれぞれの部屋に持ち込まないというルールを作り、お互いのスマホを自由に見ていいことにしています。
子供に一方的なルールを押し付けるだけではなく、「ママも気を付けて使わないとダメだよね」としたことが功を奏し、子供のスマホの使い方に危機感を感じたことはありません。

 

今は私が使用料を支払っていますが、自分で払うようになったら自由にしなさいと言っています。
それまでに、リスクのないスマホの使い方が身に付くといいなと考えています。

 

 

小中学生にスマホを持たせる時に注意したいポイント

スマホは便利なアイテムです。しかし便利なだけに、ちょっとしたことが大きな問題へと発展しやすいものであることも事実です。

 

特に、まだその怖さをあまり知らない小中学生にとっては、気づかないうちに危険な状況に陥ってしまうことも少なくありません。

 

こういった危険な状況に陥る前に、あらかじめ前もって対策をとっておくことが大切なのです。

 

小中学生の子供にスマホを持たせる時には、SNSやネットの危険性やルールを説明しておくことが大切です。
家の写真や自分の顔写真など、個人を特定できる情報を決して載せないことや送ったりしないこと、また発言には責任を持たなければいけないことなどを教えておく必要があります。

 

また、予めスマホにアプリのダウンロードに規制がかけられる、アップル「iOS」のペアレンタルコントロール機能、グーグル「Google Play」のコンテンツフィルタリング機能などを利用するのがオススメです。

 

これにより、不適切なアプリの使用を制限できるので、その分危険性も抑えられます。
この他、パソコン同様、スマホ向けのウィルス対策ソフトを入れておくことも、安全性を守るためには必要です。

 

何より、小中学生のスマホ利用で一番注意したいのは、依存することを防ぐことです。
使用する前には必ず、使用時間や使用するアプリなどを話し合って、ルールを決めておくことも大切です。

関連ページ

子供向けの格安スマホ
子供が携帯を持つ割合が急激に上がっていますが、ガラケーからスマホに変わったことで家計への負担は増すばかり、格安スマホで少しでも節約しちゃいましょう。
無料通話付きの格安スマホ
格安スマホは通話が別料金のものが多く、電話をする度に料金が気になるとの声があったのですが、無料通話付き料金プランの会社が増えて子供やママが手軽に使いやすくなってきています。
スマホの子供向け機能制限
格安スマホを含めた各社の子供向けの機能制限、キッズモードの対応状況を調べてみました。
2017年春の学割でスマホは安くなるのか
2017年春の新学期に向けて各社が学割のキャンペーンを開始しましたが、大手キャリア3社と格安スマホでどの程度安くなるのか検証します。