子供向け機能制限のあるスマホ

子供が不適切なホームページにアクセス出来ないようにするフィルタリング機能の提供は通信会社に義務付けられていますのが、子供が使うことが契約時に解るようにする必要があります。

 

フィルタリング機能があれば子供が安心してスマホを使えるかといえば不十分といえます。
例えば不適切なアプリをダウンロードしたり、間違った課金をしてしまうこともあります。大人でも詐欺サイトやアプリで怖い経験をした人は多いと思います。

 

子供が安全にネットを使うためには、家族のルールを作ることは当然として、保護者が機能制限のアプリなどを適切に使う必要があります。

 

機能制限の方法はアイフォンとアンドロイドでことなりますが、アイフォンの場合には標準に備わっている「ペアレンタルコントロール」を使って年令に応じたアクセスや利用可能アプリの制限を行います。アイフォンは、使い過ぎや利用可能時間の制限が行えないので注意してください。

 

アンドロイドの場合には、子供用の機能制限が初めから入っている機種は極少数で、後からアプリを知れることで機能や利用時間の制限を細かく行えるようする製品が多いようです。

 

標準で子供向けの機能制限機能があるのは、ドコモのキッズスマホ、auのミライエ、SIMフリースマホのZenfone(ゼンフォン)などとなります。

 

機能制限のアプリやサービスは大手通信3社では用意していますが、あまり知られていないかもしれません。格安携帯の場合には、サービスそのものがなかったり、外部のサービスを提供しているなど違いが有るようなので子供向けのスマホを選ぶ際には事前に確認してください。

 

各社で名前も違っており解りにくかったのですが、2017年の春からドコモ、ソフトバンク、KDDIで名称が統一されるようです。

 

UQモバイル 安心アクセスV

UQモバイル
http://www.uqwimax.jp/plan/mobile/option/anshin_accesssp/
auの系列ですので基本的にはauと同様の機能が無料で提供されている。

  • Wi-Fi通信にも対応したフィルタリングサービス
  • アプリフィルタリング機能
  • 通話相手先制限機能
  • 利用時間帯制限機能

 

>>UQ mobileの公式サイトへ

 

TONE トーンファミリー

TONE トーンファミリー
http://tone.ne.jp/service/family.html
月額200円、保護者もTONEを利用していれば無料。
ホームページなどでも子供が利用することを前提として機能の説明が行われており、充実した機能を提供している。

  • 見守り機能
  • 居場所確認
  • アプリ使用制限
  • 使用時間制限など

 

>>ツタヤのTONEへ

 

ワイモバイル スマホ安心サービス

ワイモバイル
http://www.ymobile.jp/service/sp_safety/
ソフトバンクの系列ですので同じサービスが提供されているようです。ワイモバイルのショップおよび取扱店にてお申し込み。取扱店からの申込みは、新規契約および機種変更と同時のお申込みの場合のみ。

  • アプリケーションの利用制限:無料
  • 有害サイトの利用制限:無料
  • 利用時間、利用状況の確認、位置情報の確認は有料(300円/月)

>>Y!mobileの公式サイトへ

 

ドコモのあんしんモード

https://www.nttdocomo.co.jp/service/anshin_mode/
無料で提供されておりWi-Fi通信にも対応したフィルタリングサービス、個別のアプリ毎に利用を制限したり、通話相手の許可、利用時間などが設定できます。

 

au 安心アクセス for Android

http://www.au.kddi.com/mobile/service/smartphone/safety/anshin-access/
無料で提供されており、Wi-Fi通信にも対応したフィルタリングサービス、アプリフィルタリング機能、通話相手先制限機能、利用時間帯制限機能などがあります。

 

ソフトバン スマホ安心サービス

http://www.softbank.jp/mobile/service/sp_safety/
無料で、WiFiを含めたフィルタリング機能とWebの閲覧やアプリの利用制限が利用可能。
月額300円のオプションサービスの追加で、利用時間の管理、位置情報の確認、利用状況の確認

 

 

現時点で確認が行えているものは以上です。
メーカーとして積極的に子供のを機能制限を紹介していないだけかもしれませんが、子供が使いことを意識しているZenfoneなどのメーカーで本体に標準で制限機能が搭載されているものを選べば安心ですね。

関連ページ

子供向けの格安スマホ
子供が携帯を持つ割合が急激に上がっていますが、ガラケーからスマホに変わったことで家計への負担は増すばかり、格安スマホで少しでも節約しちゃいましょう。
無料通話付きの格安スマホ
格安スマホは通話が別料金のものが多く、電話をする度に料金が気になるとの声があったのですが、無料通話付き料金プランの会社が増えて子供やママが手軽に使いやすくなってきています。
2017年春の学割でスマホは安くなるのか
2017年春の新学期に向けて各社が学割のキャンペーンを開始しましたが、大手キャリア3社と格安スマホでどの程度安くなるのか検証します。
子供のスマホどうしてます?
スマホを持つ子供の割合がすごい勢いて増えていますが、既にデビューさせた方に注意すべき点を教えて頂きました。