無料通話が付いた手軽な格安スマホ

携帯キャリア3社は、無料通話が標準の料金プランとなっていて、あまり通話をしない人向けに5分までの通話を回数無制限のライトプランの2種類となっていますが、パケットと合わせると高額となり子供にも持たせるとなると家計への負担が大きいです。

 

格安携帯の場合には、データ通信だけのプランや音声通話は通話時間に応じたプランが主流でしたので、電話を使う場合には割高感がありました。

 

ワイモバイルは、10分までの無料通話を標準としており、以前から人気があったのですが、大手の格安スマホ各社でも無料通話付きのプランが出揃ってきて選べるようになってきました。

 

電話をする度に通話料金が気になると子供には使わせにくいとの声もありますが、1回の通話に時間制限が有るとは言え無料通話が有ると子供との連絡が気軽に取れるので安心です。

 

子供用スマホの候補となる無料通話付き格安スマホとなります。

 

10分の無料通話が魅力のワイモバイル

ワイモバイル
フテニャンでおなじみ、ニャンキュパ(2,980)のY!mobile(ワイモバイル)は、10分までの通話が無料ですので、電話料金を気にしないで気軽に連絡を取れるのが大きな魅力です。

 

購入は手軽にネットでも済ませ、何か困ったときには全国に多数の実店舗が有るのでサポート面でも心強い、ソフトバンクグループなのも安心感が有ります。

 

無料通話 10分以内、回数制限無し
データ通信 2GB
料金 1,980円 1-12ヶ月 新規、ソフトバンク以外からのMNP

1,980円 13-24ヶ月 ヤング割18歳以下
2,980円 25ヶ月以降

 

データ容量の多いプランMやLもあります

 

テレビCMでおなじみUQモバイル、だぞっ

UQモバイル、だぞっ
au系の格安スマホで、お客様満足度が88%と高評価、テレビCMを目にした方も多いのではないでしょうか。初期設定サポートや子供のセキュリティも充実しています。

 

無料通話

※月ごとにプランを選べる

5分以内、回数制限なし(回数が多い人向け/おしゃべりプラン)

60分/月(1回の通話が長い人向け/ぴったりプラン)

データ通信 2GB
料金 1,980円 最大13ヶ月 新規、au系以外からのMNP転入

2,980円 14ヶ月目以降

 

データが余っても翌月に繰り越せます。データ容量が多く、無料通話時間も長いプランMやLもあります。

 

格安SIMシェアNo1の楽天モバイル

楽天モバイル
ドコモ回線を使用した安心のつがりやすさで、格安SIMサービスのシェアNo1と人気の格安スマホです。

 

本体の購入や毎月の料金の支払いで楽天スーパーポイントがたまります。更に楽天でのお買い物でもポイントが2倍!ポイントでの支払いもできて楽天を利用しているならとってもお得です。
月額基本料+スマホ本体+5分かけ放題がセットのコミコミプランがお得

 

無料通話 無料通話 5分以内、回数制限なし

専用アプリを使用、5分以降も30秒10円と安い

データ通信 2GB
料金 1,880円 1-12ヶ月 コミコミプランS

2,980円 13-24ヶ月
2,446円 25ヶ月以降

 

選べる機種やデータ容量の違いでプランM,L,LLがあります。
端末保証はもちろん、安心リポートサポートなどのオプションも充実。写真やアドレス帳の移行サービスもあるので機械が苦手でも大丈夫。

 

IP電話がかけ放題のイオンモバイル

イオンモバイル
格安スマホの先駆け的存在のイオンモバイルですが、無料通話は090の電話回線ではなく、050のインターネット回線を使ったIP電話でのサービスとなります。

無料通話 時間、回数無制限
料金 データ通信 480円 1GB

050カケ放題 1,500円
合計 1,980円から

IP電話は電話回線に比べて多少音声が悪かったり、途中で途切れることが稀に有るなどと言われますが、少しくらい品質が落ちても安くたくさん話したい人にオススメ。

 

関連ページ

子供向けの格安スマホ
子供が携帯を持つ割合が急激に上がっていますが、ガラケーからスマホに変わったことで家計への負担は増すばかり、格安スマホで少しでも節約しちゃいましょう。
スマホの子供向け機能制限
格安スマホを含めた各社の子供向けの機能制限、キッズモードの対応状況を調べてみました。
2017年春の学割でスマホは安くなるのか
2017年春の新学期に向けて各社が学割のキャンペーンを開始しましたが、大手キャリア3社と格安スマホでどの程度安くなるのか検証します。
子供のスマホどうしてます?
スマホを持つ子供の割合がすごい勢いて増えていますが、既にデビューさせた方に注意すべき点を教えて頂きました。