サポートや保証もコストダウンしています

出来る限り不要なサービスを除いたり、世界標準の割安な機種を選ぶことで低価格を実現している格安スマホですが、対面のサポートや製品の保証の面でも無駄を省きコストダウンとしています。

 

有償での訪問サポートやメールや電話のサポートは有りますが、ドコモショップのような対面での手厚いサポートを必要とするのであれば格安スマホはお勧めできません。

 

オプションのスマホ本体の保証も大手3社の様に直ぐに新しい端末を無条件に用意してもらえるようなサービスとは異なります。

 

例えばドコモの携帯保証サービスなら月額500円(アンドロイドの場合)で

  • 水濡れ紛失、全損→交換電話機のお届け
  • 修理代金のサポート
  • ケータイデータ復旧料金の割引

 

格安スマホの場合にもオプションの保証サービスは有るのですが、
盗難・紛失は対象外となります。

 

楽天モバイルの「端末補償・スマホサポートパック」の場合だと月額850円で

  • 故障・水濡れ・落下・破損・・・交換する場合は5,000円を負担。
  • 過去1年間に既に2回ご利用されている場合は利用できない。
  • 盗難、詐欺、横領、紛失・置忘れによる損害や故意又は重過失により生じた故障や不具合は範囲外。

 

他社も期間や回数の制限の違いはありますが、盗難や紛失は保証されません。

 

そもそもスマホ本体の価格はあまりにも違うので、月々の料金や安くなった分で、もしもの場合は買い換えるからと割りきって考えた方が良いのかもしれませんね。

 

同じ事業者でも機種によっては保証のオプションがない場合も有りますので、必要なオプションの内容も含めて検討するようにしてください。

 

やはりある程度のサポートが無いと不安な場合には、大手3社と格安スマホの中間的なヤフーのスマホY!mobileは検討する価値があると思います。

 

>>私の妻も使っているワイモバイル

 

ネットでも買えて便利なのですが、実店舗も全国にあるので困ったときにも安心です。

 

関連ページ

今のスマホを格安に出来ますか?
格安SIMに変えると通信料金が安くなるって聞いたのですが、私が使っているスマホでも使えるのでしょうか?
iPhoneで格安SIMを使う
総務省のガイドライにより2015年5月以降に発売される機種からはSIMロック解除が義務化されましたので、2015年9月に発売開始されたiPhone 6s/iPhone 6s PlusからはSIMロック解除をして格安SIMを使うことが出来るようになりました。
auで使える格安SIM
格安SIMのほとんどはドコモの回線を使用しているためauでは使えませんが、調べてみるとauの回線を使用しているサービスが有ることが分かりました。
一括ゼロと実質ゼロは同じじゃない
スマホを新規に購入したり買い替えたりする時に一括ゼロ円とか実質ゼロ円とか端末がタダとか格安で手にはいりますが、2年以内に買い替えた場合に実質ゼロ円だと大きな違いがあります。
SIMロック解除と格安SIM
2015/5以降に発売される機種からSIMロック解除が義務付けられたことから格安SIMが注目されているようですが、古い機種でも格安SIMが使えることを知らない方も多いようです。
格安スマホで通話も安くしたい
ネットの通信料金が劇的に安くなる格安スマホですが、家族間通話や無料通話のサービスが無いので電話料金を節約するには他社のサービスを併用する必要があります。
イオンスマホはお得なのか
イオンなら近くにお店もあるし格安ならスマホを乗換ようかと思うのだけど、どの位お得になるのでしょう?
Y!mobileのAQUOS CRYSTAL Yがお得
格安スマホは機種的に少し見劣りするモデルが多かったのですが、Y!mobileから発売されているAQUOS CRYSTAL Y 402SHがオシャレで高性能なのに値段が安くコストパフォーマンスが高いです。