全てのスマホが格安に出来るわけではありません

ニュースなどでも取り上げられている格安SIMですが、利用頻度の少ないライトなスマホユーザーにとっては、毎月の利用料金を劇的に安く出来る可能性があるため、気になっている方も多いのではないでしょうか。

 

少し前までは携帯に詳しい一部の方だけが利用できるものでしたが、サービスを提供する事業者も増えて身近な存在になってきてます。

 

しかし、いま使っているスマホの全てで格安SIMが利用できる訳ではないのです。

 

殆どの方はドコモ、au、ソフトバンクの大手3社からスマホを購入していると思いますが、会社と機種の組み合わせで使用できるかが変わってきます。

 

  アンドロイド アイフォン 備考
NTTドコモ

多くのサービスが選べる
au

アイフォン5以前は不可。事業者が限られる
ソフトバンク

アイフォン6以降でSIMロック解除必要

 

  • ドコモで購入したスマホであれば、アンドロイド、アイフォンともにほぼ全てで利用可能。
  • auで購入したアンドロイドのスマホなら可能。アイフォンは5S以降。
  • ソフトバンクで購入した場合は詳しくないと難しい。

 

格安SIMを提供している事業者はMVNOとよばれ、自社で回線などの設備を持たずに既存の大手3社から回線を借り受けてサービスを提供しています。スマホを購入した会社と同じ回線を利用した事業者が基本となります。ドコモで購入したスマホで利用するのであれば、ドコモの回線を使用したサービスを選んでください。

 

>>ドコモの回線を使用した 楽天モバイルへ

 

auの回線を使用した格安の通信サービスも充実してきています。

 

>>auの回線を使用した mineoへ

 

2015年5月以降に発売された機種からSIMロック解除が義務化されましたので、ソフトバンクも格安SIMが使える機種が今後は増えてくるのではないかと期待されます。

 

SIMロック解除したソフトバンクのアイフォンならmineoのドコモ回線が利用できます。

 

>>アイフォンなら回線が選べる mineoへ

 

mineoはドコモとauの回線が選べるので対応できる機種が圧倒的に多く、アイフォンの対応状況も分かりやすく表示されています。

 

 

スマホも新しく買い換えるのであれば、スマホ本体と格安SIMがセットになった格安スマホが急速に増えてきていますので、自分の目的や好みに合った機種とサービスのセットが見つかると思います。

 

古い機種に関しては、大手3社で通信方式や使用している電波の周波数の違いから違う回線を使うことは困難ですので、買い替えのタイミングで検討されると良いのではないでしょうか。

 

関連ページ

iPhoneで格安SIMを使う
総務省のガイドライにより2015年5月以降に発売される機種からはSIMロック解除が義務化されましたので、2015年9月に発売開始されたiPhone 6s/iPhone 6s PlusからはSIMロック解除をして格安SIMを使うことが出来るようになりました。
auで使える格安SIM
格安SIMのほとんどはドコモの回線を使用しているためauでは使えませんが、調べてみるとauの回線を使用しているサービスが有ることが分かりました。
一括ゼロと実質ゼロは同じじゃない
スマホを新規に購入したり買い替えたりする時に一括ゼロ円とか実質ゼロ円とか端末がタダとか格安で手にはいりますが、2年以内に買い替えた場合に実質ゼロ円だと大きな違いがあります。
SIMロック解除と格安SIM
2015/5以降に発売される機種からSIMロック解除が義務付けられたことから格安SIMが注目されているようですが、古い機種でも格安SIMが使えることを知らない方も多いようです。
格安スマホで通話も安くしたい
ネットの通信料金が劇的に安くなる格安スマホですが、家族間通話や無料通話のサービスが無いので電話料金を節約するには他社のサービスを併用する必要があります。
格安スマホのサポートや保証
出来る限り無駄を削ることで低価格を実現している格安スマホですが、通信大手3社とはサポートや本体の保証で違いがあるのでわかった上で選びましょう。
イオンスマホはお得なのか
イオンなら近くにお店もあるし格安ならスマホを乗換ようかと思うのだけど、どの位お得になるのでしょう?
Y!mobileのAQUOS CRYSTAL Yがお得
格安スマホは機種的に少し見劣りするモデルが多かったのですが、Y!mobileから発売されているAQUOS CRYSTAL Y 402SHがオシャレで高性能なのに値段が安くコストパフォーマンスが高いです。